おすすめ記事

2019/01/15 11:37

こんにちは。BallooMe代表のしみずです。

仕事やプライベートでちょっといいことがあった時、 
何が食べたいですか。 
私は肉です。 
特に1枚の大きな肉にさっと火を通して食べる。 
食の芸術ですね。

神戸ビーフ肩ロースすき焼き用、 
綺麗なサシが細かく筋肉の中に入り込んでいます。 
赤みは肉繊維が細かく、旨味が強そう。 
適度な脂肪、濃厚美味な味わい、程よい歯ごたえがある肩ロースは、 
一枚肉として食べるのには最適ですね。

神戸ビーフは、ブランド牛「但馬牛」の中でも未経産牛・去勢牛であり、

枝肉各付等の厳しい基準に該当したもののみだそうです。 
柔らかな肉質間違いなし。

肉の旨味をしっかりと味わいたいから、 
あえて、蒸しました。

すき焼き肉(肩ロース) 2枚 酒 大さじ2 キャベツ 1/6個 おろしポン酢 適量 人参 1/2本 かぶ 1個 長ねぎ 1/2本 豆苗 1/4株

≪ 作り方 ≫

1. キャベツは太めの千切りに、人参はスライサーで薄切りにする。 
かぶは少し茎を残して1.5㎝幅のくし切りに、長ねぎは5㎜幅の斜め薄切りにする。 
すき焼き肉は1枚を3等分に切る。 
2. 厚手の鍋に豆苗以外の野菜を入れ、ねぎの上にすき焼き肉をのせる。 
3. 酒を全体に回しかけ、蓋をして中火にかける。 
5分経ったら一度蓋を開けて肉をほぐし、再び蓋をして2〜3分蒸し焼きにする。 
※お肉をほぐすことで、ムラなく火を通します 
4. 肉に火が通ったら(赤みが無くなったら)豆苗を加えて火を止める。 
蓋をしたまま1〜2分蒸らし、おろしポン酢を添える。

脂身の甘さをより感じられる一品。 
オールシーズン美味しく食べられる食べ方かな。

神戸ビーフ肩ロースおすすめです。

こんなパッケージで届くから、 
ギフトにもおすすめですね。

〒106-0047 東京都港区南麻布3-19-23 オーク南麻布ビル8階
TEL: 0570-08-8831
E-mail:hello@balloome.co.jp