おすすめ記事

2019/01/15 11:06

湯気で出来た湿潤な環境で加熱することで、食材を乾燥させずにしっとりと仕上げる調理法「蒸し料理」。100℃以上に温度が上がらないため、栄養を失いにくく、素材本来の味を楽しめる調理方法を好む野菜愛好家は多いと思います。

今回は色み鮮やかな春野菜を、蒸し中心にさっと火を通して調理しました。

のらぼう菜の塩と桜エビだけ炒め

茎がポキポキっとして、アスパラのような独特の食感をもつ「のらぼう菜」は、 
お塩でさっと炒め、最後にお酒で蒸すだけ。 
桜エビが食感と色みのアクセントになり、オイルと絡めると、 
春野菜独特の癖を上手に楽しむことが出来ます。 
のらぼう菜、はまります。

八百屋さん直伝カブの塩だけ蒸し

生で食べても美味しいカブ。 
水分が豊富なので、八百屋さん直伝の、カブの水分で蒸し焼きにしました。 
お塩をパラパラとひとつまみと、オイルをくるっと回して蒸すだけ。 
カブの甘みが増し、 
ジューシーなカブに仕上がっています。

カブの葉っぱは小松菜代わりにスムージーの材料にしました。 
カブの葉っぱに、バナナと豆乳と水、そして蜂蜜で甘さを足しました。

農家のおじさん直伝玉ねぎまるごと蒸し

淡路島の農家さんに教えてもらった、簡単でとっても美味しい食べ方。 
それは「玉ねぎ丸ごとレンジでチン」 
淡路島の玉ねぎは十分甘いので、味付けなく、 
レンジで温めるだけで、子供がパクパク食べます。

今回の玉ねぎは葉っぱ(若葉)も食べられるので、 
おネギみたいなイメージで、

玉ねぎの葉と鳥の塩麹丼

塩麹に鶏肉を一晩漬け込んだ後、表面だけさっと炒めて、 
玉ねぎの葉っぱやきのこと合わせて、お酒で蒸します。 
鶏肉と野菜を一緒に蒸すことで、ふんわりした食感になります。

蒸さなくても美味しい春野菜

春キャベツの大人コールスロー

マヨネーズを使わずにオイルを使った大人のコールスローです。 
材料の春キャベツは、塩揉み後水切りし、しんなりさせて、お砂糖と酢とオイルで和えます。 
色み付けに、カニカマや、とうもろこし、シーチキンなどを加えるといいですね。 
お子様向けにマヨネーズを和えても美味しいです。

春キャベツ具沢山スープ

スープで野菜を炊いたイメージです。 
お鍋にお湯を入れて、えのきや玉ねぎを加え、 
沸騰したスープに春キャベツを最後に投入。 
鮮やかな黄緑色が食欲をそそります。

きゅうりはそのままで

まな板に塩強いて、表面だけ塩もみしたら、 
あとは串刺しして、味噌をつけてそのままいただきます。

贅沢たけのこの牛肉のすき焼き風

春の味覚たけのこは、 
食感を楽しむように、1cm くらいの厚みにカットして、お肉と一緒に炒めてすき焼き風に。 
たけのこの独特の香りも中和されてお子様にもおすすめです。

色みの綺麗な春野菜。 
豊富な水分や独特の食感を楽しむために、 
手取り早くさっと火を通す「蒸し調理」 
おすすめです。


〒106-0047 東京都港区南麻布3-19-23 オーク南麻布ビル8階
TEL: 0570-08-8831
E-mail:hello@balloome.co.jp