おすすめ記事

2019/01/15 10:51

夏本番ですね。

夏はキッチンも暑くて、毎日の調理がとても大変。

そんな時は、「さっと調理」がいいですよね。 

6月のセットでは素材本来の味を楽しむ「さっと調理」を試してみました。

カツオのたたき イタリア風

香りがとても強いバジルを使って、

いつものカツオのたたきに一工夫。

にんにくと塩とレモンをかけて出来上がりです。

爽やかな香りとカツオの風味との相性抜群です。

フレッシュバジルとタコとトマトのマリネ/フレッシュモッツァレラのカプレーゼ

香りの強いバジルは、タコやチーズとの相性抜群です。

ホワイトコーンのつぶつぶバター蒸し

生で食べると芯の繊維が残ります。

この繊維が食べにくくて苦手というお子さんも多いかもですね。

繊維を柔らかくするために、お酒、バター入れて蒸しました。

バターは少量で十分甘みが引き立ちます。

キャベツの冷製ポタージュ 刻みバジルのせ

バジルの香りを楽しめるスープ。

ジュレにしたり、小さいカップに入れて、前菜にしてもいいかも。

冷製なので、バジルの変色も防ぎ、

見た目も綺麗です。

マカダミアナッツオイルを加えました。

食べるモロヘイヤスープ

茹で時間でとろみが変わるモロヘイヤ。

しっかり茹でればトロトロですが、

シャキッとした食感を楽しみたいのであれば、

食べる直前にスープに入れるのがおすすめです。

鮮やかな濃緑色は残り、茎の部分の食感も残っている。

口に入れた瞬間はシャキッとした食感で、噛むほどにトロみがますのも面白いですね。

お子さん向けには、これくらいのトロみの方が、お箸でつかめるのでいいかもしれませんね。

残ったバジルはお家でドライに

ドライバジルでイワシの香草焼き

パン粉とドライバジルを混ぜるだけ、です。

我が家は余りのパンの耳でフードプロセッサーでパン粉を作るので、

フードプロセッサーにドライバジルを入れて、一緒に粉砕するだけ、です。

しっかりバジルの味がして、魚の臭みがとれました!

ニンニクの芽と豚肉のスタミナ炒め(左:丼、右:一品)

お子様大好きスタミナご飯です。

豚肉と玉ねぎを炒めて、豚肉に火が通った後、お酒を加えて、 
ニンニクの芽を蒸し焼きします。

​にんにくの香りが強く残ったまま、食感はアスパラのようです。

お家ラーメンのトッピングにもいいかもですね。​

ビーツジャム ヨーグルト乗せ

ビーツのピンク色生かしてジャムにしました。

ビーツ一個とりんご半個を使います。

ビーツを先に茹でて、少し柔らかくし、

軽く沸騰したお湯の中に、四角く切ったビーツとりんごを加えてジャムを作ります。

最後にレモン汁を加えて出来上がり

ビーツの食感が残り、また、果物だけのジャムとは違った甘さを感じます。

白いヨーグルトやバニラアイスなどにのせれば、野菜嫌いな子供も食べられそうです。

火を使うと、キッチンも暑い。

そんな時は極力火を使わない「さっと調理」がおすすめです。

野菜本来の味を楽しめて、もっと野菜好きになるかもしれませんね。

〒106-0047 東京都港区南麻布3-19-23 オーク南麻布ビル8階
TEL: 0570-08-8831
E-mail:hello@balloome.co.jp